• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

2021/06/04(金)

イベント

【6/19(土)オリックス戦】猪苗代湖ズさん試合後ライブ開催!

2021年6月19日(土)オリックス戦「がんばろう東北シリーズ」において、猪苗代湖ズさんが試合後ライブを行うこととなりましたので、お知らせいたします。

「がんばろう東北デー(シリーズ)」は、震災を風化させず、東北から元気を発信し前進していくため、2012年の開催から今年で10回目を迎えます。
猪苗代湖ズさんは震災以降、福島県の方のみならず被災された多くの方の心に寄り添う活動をされています。
皆さまにもお馴染みの「I love you & I need you ふくしま」、是非スタジアムでお聴きください。

6月19日(土)猪苗代湖ズさん 試合後ライブ概要

日時 6月19日(土)オリックス戦(14:00試合開始)
試合終了後
場所 楽天生命パーク宮城 フィールド上

猪苗代湖ズ さんについて

福島県で生まれ育ったミュージシャンとクリエイターの4人で構成する福島県人バンド。
箭内道彦が実行委員長を務めた、2010年の「風とロック芋煮会」を機に結成された。
東日本大震災を受けて、福島への恩返しをするのは今しかないと「I love you & I need you ふくしま」を発表。

メンバープロフィール・コメント

松田晋二さん

プロフィール THE BACK HORN(ザ・バックホーン)のドラム担当。
2001年にメジャーデビュー。“KYO-MEI”という言葉をテーマに、聞く人の心をふるわせる音楽を届けていくというバンドの意思を掲げている。
THE BACK HORNでも多くの楽曲で作詞を担当し、その他KinKi Kidsへの作詞提供や、楽曲プロデュースなど多方面での活動を充実させている。
メッセージ 東北に笑顔を届けられるよう心を込めて演奏させていただきます!
球場の皆さんと素敵な時間を過ごせるのを楽しみにしています。

箭内道彦さん

プロフィール クリエイティブディレクター
福島県郡山市生まれ。
東京藝術大学美術学部デザイン科卒業後、博報堂を経て、風とロックを設立。タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」、リクルート「ゼクシィ」等、数々の話題の広告キャンペーンを長く手掛ける。
福島県クリエイティブディレクター、東京藝術大学美術学部デザイン科教授、猪苗代湖ズ ギタリスト。
メッセージ 2011年4月29日。今も忘れません。
宮城での開幕戦、試合後の嶋選手のスピーチ。

「絶対に見せましょう。東北の底力を。」

あの言葉に、支えられ、勇気づけられ、前を向こうとした人がたくさんいました。
自分もその一人です。

東北は、本当にがんばりました。
そして今日も、がんばっています。
「がんばりすぎないで」って言いたいくらいです。

風がまぶしくて、美味しいものがたくさんあって、人があったかくて。
この地に生まれたことを、心から誇りに思います。

10年が経ったその場所で、みなさんと共に、「I love you & I need you とうほく」を奏でられることを、とても嬉しく思います。

あの言葉への、そしてイーグルスへの感謝を込めて、胸を張って、歌います。

猪苗代湖ズ 箭内道彦

山口隆さん

プロフィール サンボマスターの唄とギターを担当。
2000年にサンボマスター結成。2003年にメジャーデビュー。メッセージ性の強いストレートな歌詞と、ファンクやソウルからの影響を感じさせるロックサウンドが特徴。
ただひたむきにロックンロールを愛し、希求するストイックな姿勢が大いなる共感を呼び、ワンマンライブ・野外フェスなど常に満員の観衆を動員する超大型ロックバンド。
メッセージ 東北でロックンロールが鳴らせること、とても嬉しく幸せに思います!
みなさんと一緒に幸せな時間を過ごせるように、一生懸命に演奏させていただきます!
当日はよろしくお願いいたします!
唄とギター 山口

渡辺俊美さん

プロフィール 1966年12月6日 福島県川内村生まれ 富岡町育ち
TOKYO No.1 SOUL SET:ギター、ヴォーカル、サウンド・プロダクション担当。
ソウルセットと並行してソロユニットTHE ZOOT16でも活動中。また、2010年9月に、同じ福島県出身である山口隆(サンボマスター)、箭内道彦(クリエイティブディレクター)、松田晋二(THE BACK HORN)らとともに猪苗代湖ズを結成し、2011年3月に東日本大震災のチャリティー曲「I love you & I need you ふくしま」を録音し第62回NHK紅白歌合戦に出場。
当時高校生の一人息子の長男のために3年間にわたって作り続けた弁当が話題となり、これを記録したエッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』として2014年に出版した。
2015年にはこのエッセイが漫画化、および『461個のありがとう。 〜愛情弁当が育んだ父と子の絆〜』のタイトルでテレビドラマ化され、更に2020年秋、その原作が映画『461個のおべんとう』になって全国ロードショーする。
メッセージ 東北楽天ゴールデンイーグルスを応援されている皆さま、そして全ての野球ファンの皆さま、福島県川内村生まれ富岡町育ちの渡辺俊美です。
今回、猪苗代湖ズのメンバーと一緒に大変光栄で貴重な時間をいただきありがとうございます。
10年目をむかえる東日本大震災の更なる復興と新たな未来に向けて精一杯演奏させていただきます!当日が楽しみです。
よろしくお願いいたします。