• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2019/04/26(金)

イベント

スマイルグリコパークに北秋田市の綴子大太鼓が登場!

4月27日(土)千葉ロッテ戦から、楽天生命パーク宮城内「スマイルグリコパーク」に、秋田県北秋田市の綴子大太鼓(つづれこおおだいこ)が登場いたします!
北秋田市の綴子大太鼓がプロ野球の本拠地球場で場内演出として使用されるのは球界初です。
迫力のある演出にぜひご期待ください!

「北秋田市の綴子大太鼓」概要

北秋田地方の夏祭りを代表する八幡宮綴子神社の祭典は、鎌倉時代の後期、1262年に始まったと伝えられており、奉納行事を上町集落と下町集落が担い、毎年激しい先陣争いを繰り返してきましたが、1930年からは1年交代で奉納することとなったため太鼓の大きさを競うようになりました。
大太鼓は元々70cmぐらいの大きさで踊りのお囃子として打ち鳴らしていましたが、太鼓の音を天井の雷鳴に似せ、雨を降らせようと両町とも大太鼓を次第に大きく作り替えた結果、下町集落が1986年に3.71mの大太鼓を作り1989年にギネス世界一認定を受けました。

サイズ 面直径2.47m、胴回り3m、重量1t

今回設置される大太鼓は三番太鼓(ギネス認定を受けた一番太鼓とは異なります)

使用予定日 4月27日(土)~5月26日(日)

雨天時は使用しない可能性がございます。