• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2018/03/05(月)

その他

3/26(月)てんかん啓発活動「PURPLE DAY in イーグルスドーム」を開催!

株式会社楽天野球団は、 東北大学病院様のご協力のもと、毎年3月26日に行なわれる、世界的な「てんかん」啓発活動「Purple Day(パープルデー)」の取り組みに賛同し、楽天生命パーク宮城内イーグルスドームにおいて楽天イーグルスの職員・スタッフ・事前告知による一般参加者を対象に、正しく「てんかん」を理解し、正しく対応をすべく、勉強会を開催いたします。

勉強会概要

日時 3月26日(月)18:00~19:00
開場 17:30
場所 楽天生命パーク宮城内イーグルスドーム
主催 株式会社楽天野球団
協力 東北大学病院
参加者 球団職員・スタッフ・参加ご希望の一般の方
内容
  • 東北大学病院「てんかん」センター長 中里信和先生による 「てんかん」啓発セミナー
  • 東北ゴールデンエンジェルスによるパフォーマンス
参加方法 参加をご希望の方は、当日イーグルスドームに直接お越しください。
入場 無料(定員300名)

てんかん啓発活動「PURPLE DAY」

「てんかん」は、様々な要因によってもたらされる反復性の発作症状と、運動障害や発達障害、認知機能、心理社会的問題など多様な臨床的問題を伴う脳疾患です。

「てんかん」への無理解や偏見は世界各国に存在しており、こうした状況の中はじまったのが、毎年3月26日に行なわれる「Purple Day(パープルデー)」の取り組みです。
2008年にカナダ在住の当事者・Cassidy Meganが「てんかんという疾患について広く皆に知ってもらい、てんかんを抱える人を孤立から守ろう」という目的で創設した活動で、この日に紫色のものを身につけることで活動へ賛同する意思表示をします。
この啓発活動は多くの賛同を集めており、2018年現在では90以上の国の団体がパープルデーの活動に参加し、3月26日にはそれぞれの国と地域で「てんかん」の啓発に関するイベントが開催されています。

日本では「てんかん」の治療を行なっている一部の医療機関が「PURPLE DAY」の活動に参加しているものの、当事者や多くの医療従事者、市民層には「てんかん」の啓発に対する取り組みがあることは知られていないのが現状です。