• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

2022/11/23(水)

チーム

「2023年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 新入団選手発表会見」を行いました

2022年11月23日(水・祝)、楽天生命パーク宮城で「2023年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 新入団選手発表会見」を行いました。
2023年度の新入団選手10名が、カメラの前でプロ野球選手として、決意と意気込みを語りました。

プロ野球選手としてスタートラインに立った新入団選手達へ、温かな応援をよろしくお願いします。

順位 氏名 所属団体・出身校 ポジション 背番号
1位 荘司 康誠 立教大 投手 19
2位 小孫 竜二 鷺宮製作所 投手 22
3位 渡辺 翔太 九州産業大 投手 31
4位 伊藤 茉央 東京農業大北海道オホーツク 投手 41
5位 平良 竜哉 NTT西日本 内野手 30
6位 林 優樹 西濃運輸 投手 64
育成1位 辰見 鴻之介 西南学院大 内野手 146
育成2位 古賀 康誠 下関国際高 投手 130
育成3位 竹下 瑛広 函館大 投手 155
育成4位 永田 颯太郎 国立台湾体育運動大 内野手 131

米田陽介 代表取締役社長 挨拶

本日は、新入団選手の皆さま、そのご家族の皆さま、楽天イーグルスにご入団おめでとうございます。
先程、ファン感謝祭がございました。皆さまにも見ていただいたと思いますが、我々楽天イーグルスはたくさんの楽天イーグルスファンの方々に支えられており、本当に温かい歓声と拍手の中、素晴らしい環境で野球をすることができます。
今年の新入団選手は、スカウトの皆さんが自信をもって獲得したいという気持ちになり、そして入団することになってくれて、本当に球団としてうれしく思っていますし、この(プロ野球の)舞台で活躍する日を楽しみに待っています。
家族の皆さまのサポートも必要になると思いますが、球団も精一杯育成してまいりますので、これからどうかよろしくお願いいたします。
本日はおめでとうございます。

石井一久 ゼネラルマネージャー(GM)兼監督 挨拶

選手の皆さん、ようこそ楽天イーグルスへお越しいただきました。
入団おめでとうございます。また、ありがとうございます。
米田社長からもありましたが、スカウトの皆さんが自信を持って推してくれた選手だと思ってます。
本当にここまでいろいろな議論を重ねていますので、ここに集まってくれた選手は、自信を持ってスカウトの皆さんが推してくれた選手です。
何か困ったことがあったら、担当スカウトの皆さんにしっかりと相談してくれれば、僕や米田社長に話が来ると思いますので、第二の家族として、しっかりとスカウトの皆さんを使っていただければと思ってます。
選手の皆さんはこれまでいろいろな努力をしたと思います。そして、ここにいらっしゃるご家族の皆さんの協力があってこそ、このプロ野球にたどり着いたのだと思います。これからも感謝の気持ちを持って、(プロ野球選手として)成功していくことが家族孝行だと思ってやってもらえればと思ってます。
また、仕事がプロ野球選手というのは本当に大変ですけど、大変な中にもその倍やりがいがあると思っています。来年またこのグラウンドで皆さんのことを待っていますので、しっかりと頑張って(プロ野球の)本舞台に立てるようにしていきましょう。
本日はおめでとうございます。

新入団選手 一問一答

荘司 康誠 選手

ユニフォームに袖を通した、今の率直な気持ちを教えてください。

やっと楽天イーグルスの一員になれたんだなという気持ちでいっぱいです。

背番号は19番に決まりました。

偉大な先輩方が付けていた番号で、その分責任もあると思いますし、この番号に恥じない活躍をできるように日々過ごしていきたいなと思っています。

どういう選手になりたいと思いますか。

荘司が投げれば今日は安心だと、楽天イーグルスファンの皆さんに思っていただけるようなピッチャーになりたいです。そういう意味でも、相手のバッターを圧倒できるようなピッチャーになりたいと思います。

楽天イーグルスにはすばらしい先輩方がいます。何を学びたいですか。

皆さんは長くキャリアを積まれているので、その中での調整方法であったり、特に体のケアの面などを聞きたいと思っています。見て学べることもあると思うので、一つ一つの行動も観察といいますか、勉強するつもりで学んでいけたらいいなと思います。

野球以外の特技はありますか。

クイズが好きなので、早押しクイズは得意だと思います。

どのようなジャンルのクイズが得意なのでしょうか。

広く浅くをモットーに日々過ごしていますので、幅広い分野に対応できると思います。

プロ1年目の目標と将来の目標を教えてください。

1年目はまずはチームに慣れて、いち早く戦力になるという目標でいますけど、ゆくゆくは沢村賞を、ピッチャーとしての最高の名誉を獲れるようなピッチャーになりたいなと思っています。

小孫 竜二 選手

ようやく掴んだプロの舞台です。今の率直な心境はいかがですか。

本当にこうやって(高校、大学卒業、社会人を経て)4度目の正直で、プロに入団することができて、本当に嬉しく思います。

ご自身のピッチングで自信を持っているところはなんですか。

自分の武器は力強い真っすぐと、三振を奪える能力だと思うので、それを活かしてチームに貢献したいと思っています。

楽天イーグルスには素晴らしい先輩方がいます。話を聞いてみたいことはありますか。

やはり球団を代表する田中(将大)選手にいろいろなことを聞いて、全てを吸収したいと思います。

プロフィールの行きたい場所に「松島」と書かれましたが、松島に行ったことはありますか。

宮城県自体が初めてなので、いろいろなところに行きたいなと思って、松島と書きました。

松島にはどんな印象を持っていますか。

きれいな島というイメージがあります。

1年目の目標をお聞かせください。

自分は社会人3年目で指名を受けていますので、1年目から活躍して、球団の力になりたいと思っています。

具体的な数字の目標はありますか。

先発だったら、二桁勝利はもちろんですし、先発ローテーションを守れることを目指して頑張りたいと思います。

将来的な目標を教えてください。

もちろん球団を代表するピッチャーになりたいですし、どのバッターでも抑えられるようなピッチャーになりたいと思っています。

渡辺 翔太 選手

今日入団会見を迎えてプロ野球選手として実感は湧きましたか。

夢だったプロ野球選手になれて、まず仙台で野球をすることにあたっては、寒いと思うので。九州から来て、寒さには慣れていないので、まずはしっかり(寒さに)慣れていけたらと思っています。

ピッチャーとして自信のあるボールを教えてください。

パームボールには1番自信があります。いろいろなバッターと対戦して、空振りを取りたいという気持ちがあります。

プロで対戦したいバッターはいますか。

パ・リーグだと柳田選手(福岡ソフトバンク)と対戦したいです。左バッターと対戦することが好きなので、(パ・リーグの)左バッターの強打者といえば柳田選手か吉田(正尚)選手(オリックス)だと思いますので、ホームランを豪快に打つ柳田選手から空振りを取りたいです。

座右の銘を聞かせてください。

北九州弁も入れて、「負けんちゃ」という言葉です。大学通算20勝2敗、19連勝という形で終えて、負けない投手ということを心がけてやってきましたので、この「負けんちゃ」という言葉を自分の中で座右の銘にしています。

プロ1年目での目標を教えてください。

自分が投げた試合は必ず負けない投手になりたいですし、チームに勝利をもたらす投手になりたいと思っています。

将来はどのようなピッチャーになりたいですか。

まずは怪我をしないピッチャー、そして試合を任せられるピッチャーになりたいです。先発・中継ぎ・抑えどこのポジションでも監督、チームから任せられるピッチャーになっていきたいと思っています。

伊藤 茉央 選手

東北の福島のご出身というところで、ユニフォームを着た今の気持ちをお聞かせください。

小さいころからずっと憧れていて、何度も球場に観に来ていた球団に入ることができてとても光栄に思っております。

これから地元東北を盛り上げたいという気持ちがあるのではないですか。

やはり2013年の優勝した時に東北全体で盛り上がっていたので、今度は自分が投げて勇気だったり、感動を与えて盛り上げていきたいと思います。

どのようなピッチングで勝負をしたいと考えてますか。

自分の強みはどんどん攻めていく投球なので、そこは忘れずに、一番前に出してやっていきたいと思います。

特技は水泳とお聞きしましたが。

小さいころから水泳をやっていたので。一番得意な泳ぎは平泳ぎです。

プロ1年目の目標をお聞かせください。

まずは開幕一軍をしっかりつかんで、1年間投げれるように頑張りたいと思います。

将来の目標をお聞かせください。

将来的には球界を代表するような投手になりたいと思います。

平良 竜哉 選手

沖縄から宮城へ引っ越すことになりました。印象はいかがでしょうか。

気候に関してはもの凄く不安しかないといいますか、寒さが真逆な地域なので、早く寒さに慣れたいなと思っています。

沖縄と宮城はどのくらい印象が違いましたか。

沖縄では、昨日家族と話したのですが、家ではクーラーを点けていたということで、ここ(宮城)はクーラーとは真逆(ヒーター)の気温でしたので、日本でも全然違うなと思いました。

その宮城で楽しみにされていることはありますか。

肉が大好きなので、仙台と言えば牛タン。仙台の牛タンは全部食べたいなと思っています。

ご自身のアピールポイントを教えてください。

どの球種やコースに対しても強くバットを振ることができるというのが自分の持ち味です。そこはプロの世界に入っても一番自信のあるポイントなので、しっかりと貫いていきたいなと思っています。

目標としているバッターはいますか。

同じチームの浅村選手です。広角に強い打球が打てますし、守備も凄い選手なので、これから一緒にプレーができるというのはもの凄く楽しみです。

プロ1年目の目標を教えてください。

開幕から1年を通して一軍にずっと居続けて、チームの勝利に貢献できる選手になりたいと思っています。

将来的な目標、具体的なタイトルや数字を教えてください。

打つだけではなく、走力にも自信があるので、将来的にはトリプルスリーという高い目標を持っています。達成できるように日々頑張っていきたいなと思います。

林 優樹 選手

入団会見を迎えて今の率直な気持ちをお聞かせください。

ドラフトが終わってからは、実感が湧かない日々が続いたのですが、ユニフォームに袖を通して、すごく(プロ野球選手になった)実感が湧いています。

今の気持ちを伝えたい方はいますか。

自分は野球を始めたときから、たくさんの方に支えてもらってここまで来られました。家族には1番支えてもらったので、1番感謝の気持ちを伝えたいです。

ご自身の持ち味はどこだと考えていますか。

自分は150km/hを投げるピッチャーではないので、投球術をしっかりと磨いて、バッターを見ながら駆け引きをして、自分らしくマウンドの上で堂々と向かっていけたら良いかなと思っています。

その投球術や駆け引きで参考にしたいピッチャーはいますか。

中学生の頃に早川選手は甲子園で見ていたので、チェンジアップの使い方だったり、変化球の使い方は今でもすごく勉強させてもらっています。1日でも早く追いつけるように頑張っていきたいと思っています。

京都のご出身ということで、宮城の印象はいかがでしたか。

昨日はすごく暖かかったのですが、今日はグラウンドに出てみて本当に寒かったですし、環境に慣れることを1番に考えてやっていきたいと思います。

楽天イーグルスファンの皆さんの印象があれば教えてください。

本当に東北の皆さんから愛されている球団だと思いますし、自分も東北の皆さんから愛され、応援される選手になりたいなと思っています。

プロ1年目の目標をお聞かせください。

まずはキャンプで出遅れないようにしっかりと練習をして、開幕一軍を目標に頑張っていけたらなと思っています。

将来はどんな選手になりたいですか。

1年でも1日でも長く、プロ野球選手でいられるように頑張っていきたいと思います。

辰見 鴻之介 選手

本日入団会見を迎えて、今の気持ちをお聞かせください。

ドラフト会議が終わって、その後の指名挨拶や、今日のファン感謝祭での挨拶で、日に日に(プロ野球選手になった)実感がわいています。

ご出身の西南学院大学への思いはありますか。

(西南学院)大学からは43年ぶり(のプロ野球選手)ということで、滅多にないことと大学にも取り上げてもらっていますし、そういった意味でも、大学の野球部の知名度を上げられるように活躍したいなと思っています。

ご自身の武器はどのようなところでしょうか。

スピードです。中でも盗塁は大学生の時から研究しながらやってきたので、プロの世界で勝負していきたいと思います。

楽天イーグルスの先輩方で話をしてみたい選手はいますか。

過去に盗塁王を獲られた西川選手には、スタートの切り方や、盗塁は技術だけではなくメンタルも大事になってくると思うので、そういう部分も聞いていけたらいいなと思っています。

楽天イーグルスにはもうひとり「タツミ」選手(辰己涼介選手)がいますが、ご自身はなんと呼ばれたいですか。

特にはないです。漢字さえ間違えられなければ何でも大丈夫です。

ポジションは違いますが、辰己選手のことは意識されますか。

名前(の読みが自分と同じ)は関係なく、昔からヒーローインタビューやテレビでのコメントが面白い方だと思っていたので、いろいろなことを聞けたらと思っています。

1年目の目標と将来の目標を聞かせてください。

まず1年目で支配下登録をされて、代走や守備固めで出場の機会を掴み、ゆくゆくはレギュラーになって、盗塁王を獲れるような選手になりたいと思います。

古賀 康誠 選手

ご自身の武器をお聞かせください。

やはりスライダーが自分の中では武器だと思っています。プロでもスライダーを使った投球術を武器にして活躍したいと思います。

楽天イーグルスの先輩方でお話を聞いてみたい方はいますか。

早川選手です。技術であったり、変化球はどのような握りをしているのかとか、いろいろなことを入ってから教えていただければと思っています。

甲子園の決勝では、仙台育英高校と対戦されました。縁を感じるのではないでしょうか。

仙台育英高校と決勝で当たり、今楽天イーグルスに入団したことには縁があると思いますし、これから(プロ野球に舞台が変わっても)縁を思って戦いたいです。

1年目の目標、将来の目標をお聞かせください。

1年でも早く一軍に上がって、二桁勝利、タイトルを獲って活躍したいと思います。

竹下 瑛広 選手

本日の入団会見を迎えて、プロとしての実感は湧いてきましたか。

このユニフォームを着てやっとプロ野球選手になれたんだなと思いました。

ご自身のアピールポイントはどんなところでしょうか。

明るさ、元気の良さです。

憧れの選手はいますか。

カーブが決め球の岸(孝之)選手が憧れです。

岸選手からどんなことを学びたいですか。

自分の得意球もカーブなので、岸選手からカーブの極意、精度を高める方法を教えてもらいたいです。

楽天イーグルスの印象をお聞かせください。

2013年の日本シリーズ優勝が印象的です。

プロとしての目標を聞かせてください。

一日でも早く支配下登録されて、一軍で活躍したいと思っています。

今後具体的にどんなところを鍛えていきたいと思いますか。

体がまだまだなので、しっかり下半身、土台をつくって一年間怪我をしない体作りをして、その中で結果を出していけたらと思います。

プロ野球で目標とするタイトルはありますか。

セーブ王になりたいです。

楽天イーグルスにはセーブ王のタイトルを獲った松井裕樹選手がいます。聞いてみたいことはありますか。

(松井選手には)試合の締め方。ピンチでのメンタルの保ち方を聞いてみたいです。

永田 颯太郎 選手

国立台湾体育運動大学で特に成長できたことはなんですか。

大学では身体能力、特にウエイトトレーニングを積んできたので、そこの部分が成長できたと思います。

体重もウエイトアップしたのでしょうか。

10kgほどアップしました。

ご自身の武器はなんですか。

スローイングを評価いただいていると思うので、そこを伸ばしつつ、守備も打撃も伸ばしていきたいと思います。

台湾の生活で学べたことはありますか。

やはり言葉の違い、文化の壁があって、そこを自力で乗り越えたことで、メンタルの部分はすごく成長できたと感じています。

目標としている選手を教えてください。

フアン・ソト選手(サンディエゴ・パドレス)を参考にしています。

どんなところを参考にしているのですか。

バッティングのスイングの軌道を参考にしています。

プロ野球選手として意気込みをお聞かせください。

楽天イーグルスに入ることができて本当に光栄に思います。これから頑張っていくので応援よろしくお願いします。