• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

2021/04/23(金)

チーム

ルスネイ・カスティーヨ選手、ブランドン・ディクソン選手が一軍に合流しました

本日4月23日(金)、ルスネイ・カスティーヨ選手、ブランドン・ディクソン選手が一軍に合流いたしました。

ルスネイ・カスティーヨ選手、ブランドン・ディクソン選手 会見

一問一答

記者:
今日から一軍に合流されますが、今の率直なお気持ちをお聞かせください。
カスティーヨ選手:
ようやくここ(楽天イーグルス)に来れてうれしく思っています。ここから先は、自分ができることをやって、チームの目標に向けて力になれるように頑張りたいと思っています。
ディクソン選手:
ここまでくるプロセスというのは大変長いものでしたが、こうしてチームに合流することができて興奮しています。これからはチームの日本一に向けて、最善を尽くしてチームのために頑張りたいと思っています。
記者:
入国できない期間や隔離期間の間はどのような練習をされていましたか。また、今のコンディションを教えてください。
カスティーヨ選手:
マイアミの自宅で来日できる日を待っていましたが、しっかりと打つということ、トレーニングも含めて、できる限りのことはやってきました。(隔離期間は)14日間ありましたが、ありがたいことに練習できる場所や時間を提供していただけたので、そこでもできる限りのことをしたつもりです。また、二軍戦にも出れて、今の状態を確認できるありがたい時間をいただいたので、もう(一軍で戦う)準備はできていると思います。
ディクソン選手:
オフの期間にいつもやっていることを、アリゾナでやってきました。チームのキャンプが始まると、幸いなことに、住んでいるアリゾナの近くにピッチャーが何人もいましたので、そういう方々の協力を得て、バッティング練習もすることができました。今のコンディションはそのおかげもあって、いい状態だと個人的には思っています。
記者:
ご自身のアピールポイント、意気込みをお聞かせください。もし日本語でも一言いただけるならお願いします。
カスティーヨ選手:
パワーはもちろん、スピード面、走るスピードでも自分ではいける選手だと思っていますので、スピードとパワーのコンビネーションというところを見ていただきたいと思います。日本語はあんまり詳しくないです。
ディクソン選手:
守備に関しては、ある程度いろいろな場所(ポジション)の経験がありますので、ユーティリティ性というところを見ていただきたいと思います。打撃に関しては、もちろんパワーもですが、いろいろな方向に打球を打つこともできるので、そういったところも見てもらえたらと思います。また、一生懸命プレーするという姿勢も私のいいところだと思っていますので、前面に出していけたらなと思います。
朝の挨拶の「おはようございます。」また「おざまーす。」という言い方をおぼえました。皆さんに朝お会いしたら言えるのですが、それ以降の挨拶はまだわからないので、お昼からは何も言えないかもしれないですけど、ご了承ください。