• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

2021/01/30(土)

チーム

【1/30(土)更新】2021年新入団選手が合同自主トレをスタート!

1月10日(日)、2021年度新入団選手が合同自主トレを楽天生命パーク宮城室内練習場でスタートしました。
選手たちは2月に始まる春季キャンプに向け、今後も楽天生命パーク宮城や泉練習場でトレーニングを重ねる予定です。

  • 1月30日(土)更新:早川選手のコメントを公開!
  • 1月28日(木)更新:早川選手のコメントを公開!
  • 1月27日(水)更新:早川選手、高田選手のコメントを公開!
  • 1月26日(火)更新:内選手のコメントを公開!
  • 1月24日(日)更新:早川選手のコメントを公開!
  • 1月23日(土)更新:内間選手のコメントを公開!
  • 1月22日(金)更新:藤井選手のコメントを公開!
  • 1月20日(水)更新:早川選手のコメントを公開!
  • 1月19日(火)更新:内間選手、内選手のコメントを公開!
  • 1月18日(月)更新:早川選手のコメントを公開!
  • 1月16日(土)更新:早川選手のコメントを公開!
  • 1月15日(金)更新:高田選手のコメントを公開!
  • 1月14日(木)更新:石田選手のコメントを公開!
  • 1月12日(火)更新:藤井選手、早川選手のコメントを公開!
  • 1月11日(月・祝)更新:内間選手のコメントを公開!

新人合同自主トレを終えて

早川 隆久選手 1月10日(日)練習を終えて

今日から新人合同自主トレが始まりましたが、自分の中でしっかり目的・目標を決めて取り組み、よいスタートがきれたと思います。
これから約3週間、春季キャンプに向けて、基礎体力の向上を図り、練習の強度も高めていくつもりです。
(新人合同自主トレ恒例の)シャトルランでは、100プラス自分の背番号である21本を目標にしていたのですが、2本届かなかった(記録119本)ですね。持久力と瞬発力を兼ね備えた投手になれるよう、これからランニングの質、量ともしっかり確保して取り組みたいと思います。

高田 孝一選手 1月10日(日)シャトルラン1位

新人合同自主トレ初日ということで、最初は緊張感がありましたが、体を動かしていくうちにだんだんとリラックスしてきましたし、1日元気に練習することができました。
(新人合同自主トレ恒例の)シャトルランは、同期に負けたくないという気持ち、気合で走り切りました。1位を狙っていたのでうれしいです(記録129本で7人中1位)。
1月は、まず早く仙台の環境に慣れること、そして2月の春季キャンプでしっかり投げられる体を作ることを目標に、トレーナーの方にご指導を受けて、焦らず取り組んでいきたいと思っています。

内間 拓馬選手 1月11日(月・祝)練習を終えて

合同自主トレでは、学生時代とは違って学ぶべきことが多い、レベルの高い環境で練習に取り組んでいますので、自分にとってプラスのことばかりで、少しずつ吸収していけたらと考えています。
(新人合同自主トレ恒例の)昨日のシャトルランでは、100本は行きたかったのですが(記録89本)、プロ入りに向けてウエイトばかりしてきたので、もう少し走る力はつけないといけないなと感じました。
体脂肪率をキープし、筋肉の量を増やせるよう取り組んできましたので、ウエイトアップした分は、しっかり投球に活かしていきたいと思います。

藤井 聖選手 1月12日(火)第1クールを終えて

新人合同自主トレ第1クールを終えて、ここまでは予定通りに調整を進めることができています。プロの空気にも慣れ、楽天イーグルスについても少しずつわかってきました。
新人選手の中では自分が一番年上ですので、練習では率先して元気を出し、練習しやすい環境が作れるようにと意識して取り組んでいます。高卒入団の選手も自分や大卒の選手に遠慮する必要はないと思っていますので、これからも切磋琢磨し、自分が引っ張っていくぐらいの意気込みでやっていきたいと思います。
休日はしっかり体を休め、第2クールにのぞみます。

早川 隆久選手 1月12日(火)第1クールを終えて

第1クールを終えて様々な練習メニューをしながら、自分の知らない知識を増やすことができ、とても充実している毎日を過ごせています。
今日も雪がたくさん降っていて練習には難しい環境が続いてはいますが、このような環境にしっかりと順応できるようにという気持ちで仙台に来ているので、今日の練習も工夫をしながらしっかりできました。
明日は合同自主トレが始まって初めての休日ですが、自分は休みすぎると休み明けの練習にベストなコンディションで入れないことが多いので、適度に運動をしながらメリハリをつけた休日にしたいです。
第2クールからは運動量を上げて基礎体力作りをしっかりと進め、キャンプにいい状態で入れるように準備をしていきたいと思います。

石田 駿選手 1月14日(木)練習を終えて

新人合同自主トレでは、それぞれのトレーニングで、どこを意識すればよいか指導いただき、今までより深く、その意味や大事さを感じることができ、質の高い充実した練習ができています。
また練習の雰囲気もよく、本日はきついシャトルランがありましたが、新人選手みんなで元気をだしてやり抜こうと、今はチームとしてひとつになっていると感じました。
体は、(気温が低いこともあり)まだ思うように動かせていないと感じる部分がありますので、これから春季キャンプに向けてしっかりと練習をこなし、調整していきたいと思います。

高田 孝一選手 1月15日(金)練習を終えて

今年初めてブルペン入りし、まずは傾斜に慣れることとバランスを重視して投げました。6~7割ぐらいの力で投げるつもりだったのですが、(新人の中ではブルペン一番乗りということで)思っていたより視線を感じて、少し力んでしまいましたね。
変化球も投げてみましたが、まだまだこれからです。
2月のキャンプインのときには、しっかり強い球が投げられるよう、逆算してスケジュールを組み、調整していきます。

早川 隆久選手 1月16日(土)第2クールを終えて

第2クールを終えて、体のキレも戻ってきて、だいぶ出力が出せるようになってきています。練習メニューをこなし、日々成長を感じながら、もう一段階、二段階状態をあげてキャンプインを迎えたいと思います。
(休日を挟んで)第3クールの初日にはブルペンに入る予定です。まずは捕手を立たせて投球し、マウンドの傾斜に慣れることが第一ですね。
2月のキャンプインまでには、7割ぐらいの力で投げ込めるよう仕上げていくつもりです。

早川 隆久選手 1月18日(月)練習を終えて

今年初めてブルペンに入り、傾斜で投げるときのバランス、体重移動の感覚を確認しました。イメージとズレも少なかったので、徐々に自分の理想とする動きができるようになってきていると感じています。
自主トレを通して、知識も増え、プロ野球選手として自覚も芽生えてきました。
石井監督からは、キャンプインまでに7割ぐらいの力で投げ込めるよう体を作ってきてくれればよいと声をかけていただきましたので、焦らずゆっくり体を仕上げて、2月にキャンプインしてから、変化球を交えた本格的な投球を始める予定です。

内間 拓馬選手 1月19日(火)練習を終えて

自主トレで、トレーナーの方から上半身の意識が強すぎるとご指導いただきましたので、今は下半身の意識、使い方を学び修正に取り組んでいます。
石井監督からは、「自主トレでは飛ばしすぎないように」と声をかけていただきましたので、キャンプインしてからブルペンに入れるよう調整を進めています。
自分は投げながら覚えるタイプだと思っていますので、キャンプでは偉大な先輩方もいらっしゃる中ですが、変に遠慮はしないでブルペンに入り、学んできたことを実際に投球する中で吸収してしていきたいと思います。

内 星龍選手 1月19日(火)練習を終えて

本日初めてブルペンに入りましたが、まずは力を入れず、バランスを意識しました。良い感覚だったと思います。
(球を受けた捕手の方から)まだよい球もあれば、よくない球もあると指摘いただきましたので、今後はよくない球を減らし、よい球が投げられる確率をあげていきたいです。
春季キャンプでは、(高卒入団ですが)体作りからじっくり行うという気構えではいないつもりです。いつ一軍のマウンドに呼ばれても大丈夫なようにしっかり準備したいと思います。

早川 隆久選手 1月20日(水)第3クールを終えて

第3クールを終えて、体に疲れが残っていることもなく体調は問題ありません。
自主トレの間は、練習だけではなく、栄養学、コンプライアンスの意識なども座学を通して学び、プロ野球選手としての自覚も増してきています。
(春季キャンプの無観客開催が決まり)キャンプで、ファンの方に自分達が練習している姿を直接見てもらう機会がなくなってしまったことはとても残念ですが、キャンプでしっかり練習をして、キャンプ後にどう成長できたか、その姿を楽しみにしてもらえればと思います。

藤井 聖選手 1月22日(金)練習を終えて

本日は自主トレでは3度目のブルペン入りでしたが、まだまだ5、6割の出力です。キャンプインに向けて、これからも無理をせず徐々に出力をあげていきたいと思います。
自分としては先発として開幕ローテーション入りを目標にしていますが、実力、チームの事情も含めて、中継ぎに回ることになったとしてもやっていけるように準備をしています。
春季キャンプは、まず怪我をしないことが一番ですが、キャンプを通じて体力、筋力も強化していきたいと考えています。

内間 拓馬選手 1月23日(土)練習を終えて

本日はブルペンで、今年初めてキャッチャーの方に座っていただいて投球しました。
キャッチボールからよい感触で、ブルペンでの投球もよいイメージを持って終えることができたと思います。
特に、変化球はキャッチボールでは投げる機会が少ないので、ブルペンで一球一球、ツーシームを中心に大事に投げることを意識しました。
パ・リーグの打者は強く振ってくる選手が多いので、芯を外すことができるツーシームは有効だと考えています。今後は変化を維持しつつ球速を上げていきたいです。

早川 隆久選手 1月24日(日)練習を終えて

状態は変わらず順調です。
石井監督から言われている「キャンプインまでに7割の状態」はいつでも作れる準備ができていますので、ブルペンも、自主トレの間はあと1回入るかどうか、状態を見ながら調整する予定です。
大学時代には、肩肘の負担を考え、小宮山コーチ(早稲田大学)と球数を少なく調整する方法を学んできましたので、自主トレの間は抑えて調整し、キャンプインしてからしっかり投げ込みをしたいと思っています。
キャンプインまであと1週間あまり、万全の状態で臨めるよう疲労を抜きつつ、でも運動強度は落とさずしっかりトレーニングしたいと思います。

内 星龍選手 1月26日(火)練習を終えて

先日高校の卒業式を迎え、これからはプロ野球選手として、大人と同じ扱いをされる立場となりますので、自己管理を徹底し、責任感を持った行動をしなければいけないと、気持ちを新たにしました。
キャンプまでには、あと1回ブルペンに入るつもりです。
キャンプは二軍スタートですが、1日でも早く一軍に上がれるよう、キャンプでもしっかり体を仕上げていきたいと思います。

早川 隆久選手 1月27日(水)練習を終えて

本日ブルペンに入りましたが、状態は良くもなく悪くもなく、想定していた通りの状態でした。
軸足でしっかりためを作って、踏み出した足にスムーズに体重移動できているか、キャンプの前に自分の状態を確かめるという目的を持って投げていましたが、まだ体が流れることもありましたので、これからキャンプの間に修正をしていくつもりです。
キャンプでは投げ込みを増やして、まずは傾斜を使った投球の感触を取り戻し、徐々に状態をあげていきたいと思います。

高田 孝一選手 1月27日(水)練習を終えて

今日は、自主トレでも4回目、キャンプ前として最後のブルペンということで、変化球の感触を確かめるという意図を持って、多めに投げました。まだまだピークには遠いですが、カット、スプリットは良い感触の球もありましたので、全体としては悪くなかったと思います。
クイックでの投球も試しましたが、セットの時間、牽制のタイミングなども含めて、これからキャンプイン後に紅白戦や対外試合の実戦を積み、精度をあげていかなければいけないと感じました。
ここまで、1月はまずプロの環境に慣れることと、体力的なレベルアップをテーマにやってきましたが、自分としては良い感じで仕上がってきていると思っています。トレーナーの方から、今まで使えていなかった体の部位、苦手な動作などもご指導いただき、充実した1ヶ月でした。

早川 隆久選手 1月28日(木)新人合同自主トレを終えて

今日まで、新人合同自主トレでは多くのことを学ばせていただきました。この経験を活かしてプロ野球生活のキャリアを進んでいきたいと思っています。
ウエイトトレーニングでも、トレーナーの方に自分ができていなかったところ、正しい姿勢を細かくご指導いただき、プロの選手とは、そういう細かいところまで意識をして取り組む必要があるのだと実感しましたし、プロ野球選手として自覚も芽生えてきました。
自主トレでは、春季キャンプへ向けての基礎体力向上をテーマにしていましたが、ウエイトアップしつつ、キレもある体作りができたと思います。
今シーズンは一年間怪我なく走り抜けること、そして新人王を獲ることが目標です。プロの世界をしっかり肌で感じて、プロ野球生活をスタートしたいと思います。

早川 隆久選手 1月30日(土)キャンプ地沖縄に到着して

仙台は今朝雪が降っていたのですが、沖縄は上着がいらないぐらい暖かくて、キャンプに来たと実感が湧いてきています。仙台駅からは先輩方といろいろお話をさせていただきました。
キャンプでは、まず怪我をしないようにしっかり体作りをしながら技術も上げていきたいです。正直、今は不安の方が強いですが、練習をして不安を取り除いて徐々によい緊張感を高めていければと思います。
田中将大選手が楽天イーグルスに復帰されるというのは、まだ「本当なのかな」と不思議な感じですが、チームに合流されたら、田中将大選手のような「絶対的な投手」になるにはどうしたらよいか、いろいろ聞いてみたいと思います。

新人合同自主トレの様子

2021年度新入団選手のこれまでの様子