• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

2020/12/01(火)

チーム

【2020年ドラフト会議】指名挨拶・入団交渉のご報告

2020年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンDで楽天イーグルスが契約交渉権を獲得した選手に、指名挨拶・入団交渉を行いました。

1位 早川 隆久(はやかわ たかひさ)選手

指名挨拶

早川 隆久 選手コメント

大学野球(東京六大学秋季リーグ)も一区切りついて身の周りの整理をしている状況ではありますが、やっと(プロ野球選手として)スタートラインに近づいているのかなと感じています。
石井GMからは、「人生で一番緊張した」とおっしゃっていたドラフト会議の交渉権獲得くじを本日渡していただき、緊張しましたが、これからプロ野球の世界に飛び込むのだなという気持ちになりました。
(交渉権獲得くじには)「輝き放て!」と書いてありました。その言葉のように輝ける選手になりたいと思います。
(球団からの期待について)自分が入ってチームを強くすることは難しいと思いますが、チームの勝利に1つでも貢献できるような選手になることができればと思います。
(プロ野球への意気込み)プロ野球に入ってからも野球をすることは当たり前で、自分は(プロ野球選手から)夢を与えてもらった立場だったので、今後はプロ野球選手として夢を与えられる選手になれるよう、鍛えなおして頑張りたいと思います。

入団交渉

早川 隆久 選手コメント

本日契約をし、今一度身が引き締まる思いです。プロ野球選手になるために、しっかり準備をしていかなければいけないという気持ちになりました。
(プロとしての自覚について)(ドラフト直後の)「やっとプロになれる」という思いから、今は活躍する舞台が明確に見えてきましたので、これからがんばっていこうと思いました。
(契約金の使い道は)親や支えてくれた方々に、感謝の気持ちを込めて何か贈りたいと思っています。
(石井新監督について)ドラフトでくじを引いていただいたことから、すごく良い縁だと感じています。同じ左投手としてプロ野球で長く活躍された要因を自分から積極的に学び、石井監督のような投手になれればと思います。スライダーを武器に奪三振率の高い投手でいらっしゃったので、自分もそういう投手を目指し、ピンチのときにはギアを上げて切り抜け、勝ち星を積み上げていきたいです。
(プロ1年目の意気込みは)まだプロで一球も投げていませんので、はっきりとした(目標とする)形はわかりませんが、「開幕一軍」を目指してがんばっていきたいと思います。

早川 隆久 選手のプロフィールはこちら

2位 高田 孝一(たかだ こういち)選手

指名挨拶

高田 孝一 選手コメント

楽天イーグルスは投手層が厚く良い選手がたくさんいるので(入団が)楽しみな球団です。自分も球団の一員として力になっていきたいと思います。
自分の持ち味はストレートだと思ってます。先発、リリーフどこでもできるのが自分の長所だと思っているので、そこをアピールしたいです。
今日の指名挨拶をいただいて、プロになるんだなという意識が芽生えましたし、しっかりとその名に恥じないような行動をしたいと思います。

入団交渉

高田 孝一 選手コメント

契約も無事終わってプロ野球選手になるんだという実感が少しずつでてきました。少し緊張しました。
(契約金の使い道について)両親やお世話になった人には何か返せるようにしたいと考えています。
(周囲のサポートについて)大学4年の1年間はコロナもありましたし、周りの支えに感謝の気持ちを感じました。
(目指す選手像について)絶対的な力を持った投手になりたいと思っています。ファンの方はもちろん誰からも信頼される投手になりたいと思います。
(具体的にイメージしている選手は)則本選手のピッチングスタイルは一番近いのかなと思います。同じチームなので参考にさせてもらいながら自分も成長していきたいと思います。
(ポジションについて)大学では先発・中継ぎもやらせていただきましたし、どちらかの型にはまることなくできるのかなと考えているので、与えられたポジションの中で自分の仕事を全うできればと思います。

高田 孝一 選手のプロフィールはこちら

3位 藤井 聖(ふじい まさる)選手

指名挨拶

藤井 聖 選手コメント

(指名あいさつをうけて)身の引き締まる思いです。(チームから)期待されていると思いましたので、これから頑張っていきたいです。
(ポジションについて)先発を目指してやっていきますが、先発もリリーフもできるのが私の強みでもあるので、与えられたポジションで自分の役割を果たせられるようにやっていきたいです。
打者が(球種が)わかっていても打てない、つまってしまうストレートが1番の持ち味だと思っています。
(入団後は)松井裕樹選手にお話をお聞きしたいです。ずっと活躍されている投手なので1年間投げ抜く体力や技術面、投球術であったりすべてプロで活躍するための術をお聞きしたいなと思います。
(プロでの意気込み)1年目から楽天イーグルスで活躍して、新人王をとれるぐらいの投手になりたいと思っています。

入団交渉

藤井 聖 選手コメント

本日は緊張感があり、プロ野球選手になれたと素直に実感が湧きました。
(契約金の使い道は)両親には、ずっと苦労をかけていましたので、何か買ってあげたいと思っています。
(石井監督について)同じ左投手で、メジャーに行ってすごい活躍された方ですので、打者を抑える術や、長く野球を続ける体力のつけ方などを思い切って聞きに行こうかなと思います。
(プロへの意気込み)社会人から入団ということで、一年目から即戦力として期待されていると思いますので、その期待に応えたいです。先発、中継ぎどこを任されるかわかりませんが、新人王を狙っていきたいです。

藤井 聖 選手のプロフィールはこちら

4位 内間 拓馬(うちま たくま)選手

指名挨拶

内間 拓馬 選手コメント

1日でも早くチームの戦力となり、投手陣を厚くできるように、自分自身が周りに負けないよう頑張りたいです。即戦力として、まずは結果を残さないといけないと思いますし、ケガをしない体が自分の持ち味だと思うので、息の長い選手になり、長くチームに貢献したいです。
(ピッチングスタイルは)球速は他の選手と比べると速くはないですが、緩急や、バッターのスイングをさせないよう頭を使い、打者を見て抑えるピッチングが自分の持ち味だと思います。
(入団後は)岸選手にお話をうかがって、自分の投球スタイルに生かすことができたらと思っています。
(一年目の目標・将来の夢について)開幕一軍に選ばれるようにオープン戦から結果を残してアピールしたいです。将来の夢は子供たちが憧れる選手、子供たちから名前をあげてもらえるような選手になりたいです。

入団交渉

内間 拓馬 選手コメント

とても緊張しました。アマチュアからプロになるという自覚をしっかり持って、これから生活していきたいと思います。
(アピールポイントは)球速は(速い方では)ないですが、色々な球種を駆使して打者を抑えるところ、ランナーを背負ってもホームを踏ませないピッチングです。最優秀防御率のタイトルを獲得したいと思っています。
(憧れの選手は)同じチームとなる岸選手の動画を見て、配球や打者との駆け引きを学ばせていただいています。チームには他にも素晴らしい投手がたくさんおられるので、投球だけではなく私生活の面など、いろいろなことをうかがって、吸収し、自分のプレーに活かしていければと思います。

内間 拓馬 選手のプロフィールはこちら

5位 入江 大樹(いりえ だいき)選手

指名挨拶

入江 大樹 選手コメント

指名挨拶をいただき少しずつ実感がわいてきました。
チームに右バッターが少ないということで期待していただきましたので、これから長打力をもっと伸ばして頑張っていきたいです。柳田選手(福岡ソフトバンク)のようなトリプルスリーを狙える選手になっていきたいと思っています。
(プロでやっていきたいポジションについては)大型内野手としてショートで勝負したいです。

入団交渉

入江 大樹 選手コメント

本日契約書にサインをさせていただいてさらに実感がわいてきました。
(契約金で買いたいものは)具体的なものは決めてないですが、何か家族にプレゼントをしたいと思っています。
(将来はどんな数字を残したいか)一軍でホームランを30本打てる選手になりたいです。
(プロ入りに向けて)体作りを中心に走る量を増やしています。新人合同自主トレでは走る量が多くなると思うので、そこに向けて練習をしています。木製バットを使ったバッティング練習もしています。
プロではどのような練習をしているか(楽天イーグルスの秋季練習を)見てみたいと思います。
(石井監督にアピールしたいところは)長打力を武器に(プロで)やっていきたいので、そこを見てもらいたいです。

入江 大樹 選手のプロフィールはこちら

6位 内 星龍(うち せいりゅう)選手

指名挨拶

内 星龍 選手コメント

(指名あいさつをうけて)実感がわいてきましたし頑張ろうという思いがこみあげてきました。
担当愛敬スカウトが調子が悪いときも、いつも見てくれていたので感謝の気持ちでいっぱいです。
(ピッチングの持ち味は)190㎝ある身長を活かした角度あるストレート・スプリット・カットに自信があります。
(楽天イーグルスの先輩投手について)凄くお手本になる投手が多いので、間近で(投球を)見れることはためにもなりますし、負けないように頑張りたいです。
(入団して話を聞きたい選手は)岸選手です。ストレートももちろん凄いですが、ぜひカーブを投げるコツを教えてもらいたいです。
楽天イーグルスに入団し、早くプロ野球に慣れて、チームから信頼される投手になりたいと思います。

入団交渉

内 星龍 選手コメント

(プロ野球選手として)契約した以上、頑張るしかないと思っています。1月から始まる合同自主トレに向けてしっかり準備をして頑張りたいです。
(契約金の使い道は)今はないです。
(憧れの選手について)オリックスの山本由伸選手に憧れています。山本由伸選手と投げ合い勝てるようになりたいです。山本由伸選手のトレーニングやキャッチボールの考え方を動画をみて学んでいます。
(目標とする投手像について)課題を一つずつクリアして、ただ速いだけではなくバットに当たらないストレート、変化球を投げたいと思っています。

内 星龍 選手のプロフィールはこちら

育成1位 石田 駿(いしだ しゅん)選手

指名挨拶・入団交渉

石田 駿 選手コメント

今、非常に嬉しく思っています。育成ではありますが、ずっとNPBの舞台に立つことを夢にみてきたので、ここから早く支配下に上がれるように頑張っていきたいと思います。
(ピッチングの持ち味は)強いストレートで打者を抑えていくピッチングです。自分のピッチングは自分にしかできないと思うので、その個性を出していけたらと思います。
(育成からのスタートについて)自分は、まだまだ実力不足で試合経験も少ないので、NPBに入り実力をつけて支配下にあがれるように頑張っていきたいです。
(プロへの意気込み)一日でも早く支配下にあがり、一軍で活躍できるように頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

石田 駿 選手のプロフィールはこちら