• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2019/11/13(水)

チーム

2019年秋季キャンプを倉敷市 マスカットスタジアムで開催!

2019年の秋季キャンプを岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで行うこととなりました。
倉敷市で秋季キャンプを行うのは、9年連続9度目です。

  • 11月13日(水)更新:11月14日(木)の練習メニューを公開しました。
  • 10月30日(水)更新:三木監督、岡島選手のインタビューを公開しました。
  • 10月30日(水)更新:11月10日(月)、13日(水)に練習試合の予定を追加しました。
  • 10月25日(金)更新:楽天生命パーク宮城で行われる練習見学について公開しました。
  • 10月24日(木)更新:参加選手を公開しました。

2019年秋季キャンプ 概要

キャンプ地 岡山県倉敷市
使用球場 マスカットスタジアム[岡山県倉敷市中庄3250-1]
スケジュール
  • 10月29日(火)移動日
  • 10月30日(水)~11月14日(木)
  • 11月10日(日)、13日(水)練習試合
  • 11月15日(金)移動日
休養日:11月4日(月・祝)、9日(土)予定

スケジュール

月日 曜日 キャンプ
スケジュール
練習
メニュー
10月
29日
移動日
10月
30日
投手
野手
10月
31日
投手
野手
11月
1日
投手
野手
11月
2日
投手
野手
11月
3日
日・祝 投手
野手
11月
4日
月・休 休日
11月
5日
投手
野手
11月
6日
投手
野手
11月
7日
投手
野手
11月
8日
投手
野手
11月
9日
休日
11月
10日
練習試合 vs.
シティライト岡山
(12:30試合開始)
投手
野手
11月
11日
投手
野手
11月
12日
投手
野手
11月
13日
練習試合 vs.
JFE西日本
(12:30試合開始)
投手
野手
11月
14日
投手
野手
11月
15日
移動日

練習メニューやスケジュールは、天候等の諸事情により、予告なくが変更になる場合がございます。

参加選手

2019年秋季キャンプ初日を迎えて

三木 肇監督 インタビュー

記者:
初日、倉敷の地元の皆さんの歓迎を受けた感想は?
三木監督:
温かくお迎えいただきありがたく思います。
記者:
9年連続9回目の倉敷キャンプ。晴天にも恵まれました。良いスタートが切れたのでは?
三木監督:
今日の天気のように、キャンプも晴れ晴れと、実りあるキャンプになればいいなと思います。
記者:
このキャンプのテーマは?
三木監督:
ずばり、「より高める」。何?と思われるかもしれないが、全てにおいて、です。
技術、メンタル、体力、もちろんチームプレーも。みんな(すでに)意識してやれていると思うが、さらに、それ以上に意識を高めてやっていきたいと思います。
記者:
意識を高めるという点では、練習の合間も、皆さんメリハリのある行動をしていた印象だが?
三木監督:
コーチたちとも仙台の練習時からそういうことを意識しようと(話して)やってきました。
初日で選手たちも張り切っていましたし、皆さんにそういう風に見ていただけてよかったと思います。
記者:
初日から実戦練習も取り組まれていた。その意図は?
三木監督:
一人一人の課題に向かう時期でもあるが、来年の春に向けて、チームとしてこういう風にやっていくということで、(方向性を意識づけるために)こういう形でやりました。
記者:
対外試合など実戦もあると思うが、選手たちにどんなことを期待したいか?
三木監督:
全てですね。僕自身も選手と一緒に高めていきたいと思いますし、キャンプに限っては14日までですが、それまでに何かを得て成長してほしいと思っていますし、キャンプで終わりではなく、来年の秋がゴールなので、そこに向かって取り組んでもらいたいと思います。
記者:
紅白戦のみならず、秋季キャンプ中に対外試合をやるのがめずらしいと思うが、その理由は?
三木監督:
練習では自分にしっかり向き合い取り組むのですが、実際試合で相手と対戦したとき、今練習でやっていることをやったらどうなるかということを試す場も必要かなと思っています。
そこで新しい課題が出たり、取り組んでいる練習に自信がついたりというきっかけにもなると思うので、実戦も入れてやろうと思っています。
記者:
来シーズンに向けてスタートを切りました。意気込みを。
三木監督:
まだ始まったばかりですけれども、やるのは選手ですので、選手たちががんばれる環境を作って、僕たちは(コーチも含め)全力でサポートしたいと思います。

岡島 豪郎選手 インタビュー

記者:
倉敷の地元の皆さんの歓迎を受けて始まったキャンプ。激励を受けていかがでしたか?
岡島選手:
大変嬉しく思います。僕たちも1つでも多く(技術を)吸収して、倉敷キャンプに来た意味をしっかり自分たちで確認しながらやりたいと思います。
記者:
初日から練習時間も量もハードだと思いますが練習を終えていかがですか?
岡島選手:
キャンプなので(ハードなのは)当たり前。それを僕たちはしっかりできるようにしたいです。細かいプレー(練習)がたくさんありますが、これで見えてくる課題もあると思うので、春に向けてしっかり準備したいなと思います。
記者:
岡島選手自身の秋季キャンプのテーマ、課題は?
岡島選手:
まず(バッティングは)強く振れるようになることが1つ。それから守備ではブロッキングもスローイングもまだ足りない部分があるので、1つでも多く課題をクリアしてキャンプを終えられるようにしたいです。
記者:
(秋季キャンプ参加選手は)若手が多い。チームのまとめ役としても岡島選手は期待されると思いますが?
岡島選手:
僕もまだまだ若手なので、元気にはしゃいで野球をやりたいと思います。
記者:
練習の合間にも(選手どうしで)声がけがよくできている印象。メリハリのある練習ができていると思いますがいかがですか?
岡島選手:
もちろん意識はあります。まだ初日なので、これがキャンプ終了までできるように自分たちでしっかり意識を持ってやりたいです。
記者:
来シーズンに向けての意気込みをお願いします。
岡島選手:
今年1試合も出れなかったので、来シーズンは1年間通して一軍の戦力として働けるようにがんばりたいと思います。

秋季キャンプ期間中に楽天生命パーク宮城で行われる練習見学について

秋季キャンプに帯同しない一部の選手が、楽天生命パーク宮城で練習を行います。そこで同期間中、バックネット裏席に限り無料開放することが決定いたしました。練習に打ち込む選手たちの姿をぜひ見にきてください。