• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2019/03/11(月)

その他

【がんばろう東北】東日本大震災から8年

東日本大震災から8年が経ちました。改めまして、震災によって亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に対し、お見舞い申し上げます。
街の復興が着実に進んでいることを感じる一方で、まだまだ震災の爪痕で苦しんでいらっしゃる方々もいらっしゃいます。東北を代表するプロスポーツチームとして「がんばろう東北」という活動をしっかり続けていき、これからも東北を盛り上げていくことが使命だと考えております。
そして、野球を通じて東北をもっと元気にできるよう、東北の皆さまへ感動を与えられるよう、全員で闘ってまいります。ともに前へ進んでまいりましょう。

株式会社楽天野球団
代表取締役社長 立花陽三

今年で8年が経ちましたが、今もなお不自由な生活、苦労されている方々がたくさんいる一方で、復興に向けてしっかり進んでいるところは進んでいると思います。
言葉にするのは難しいですが、しっかり前を向いて我々も微力ながら協力してまいります。
震災後、今まで一度も気持ちが変わることはありません。とにかく復興にむけて、また、震災を風化させないようにしていきたいと思います。
試合のなかで皆さまに我々の姿を見ていただき、何かを感じてもらえるチームでありたいですし、勇気や元気を与えると簡単には言えませんが、そういう集団でありたいと思います。

東北楽天ゴールデンイーグルス
監督 平石洋介

震災が起きてからこの8年間、今までそのことを思いながらずっと野球をやってきました。
東北の球団として、まだまだ自分達ができることはたくさんとあると思います。
いつも言うことですが、もう一度笑顔を届けられるように選手全員が一つになってやっていければと思います。
キャプテンとして、より一層やらなければいけないと強く思っています。今まで以上にチームを引っ張り、被災地の皆さまのためにも自分が中心となって活躍していきたいです。

東北楽天ゴールデンイーグルス
キャプテン 銀次