• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2017/08/09(水)

チーム

ジャフェット・アマダー選手が7月度スカパー!サヨナラ賞を受賞

本日、セントラル、パシフィック両リーグが制定する月間「スカパー!サヨナラ賞」(協賛:スカパーJSAT株式会社)の7月度受賞選手が発表され、ジャフェット・アマダー選手が受賞いたしました。

アマダー選手は7月23日(日)Koboパーク宮城で行われたオリックス戦、2対2で迎えた9回裏に先頭打者として打席に立ち、1ボール2ストライクから打ち返した打球は右中間スタンドに入る劇的なサヨナラ本塁打となりました。
この一打によりチームは今シーズン3度目のサヨナラ勝利を飾り、さらに球団創設以来初めて、貯金を30の大台に乗せました。
アマダー選手のサヨナラ打は来日2年目で初めてです。

記者会見

記者:
ホームランには様々なものがありますが、アマダー選手にとってサヨナラホームランとはどのようなものでしょうか。
アマダー:
どんな選手でもサヨナラホームランはなかなか放つことができるものではないですし、それで試合が決まるというのは自分にとっても素晴らしいことです。
何よりファンの方もすごく喜んでくれるので、大きな意味を持つホームランです。
記者:
アマダー選手はホームランが魅力で、ここまで17本のホームランを放っています。ここまでの自分に対する評価とこの先目指す数字だったり目標を教えてください。
アマダー:
前半戦苦労した部分はありますが、直近1ヶ月でコーチと一生懸命やってきた結果がようやく現れてきて、個人的にも調子が上がってきているなというのは感じます。
この先ですが、ホームランを何本打つ、ホームラン王になるという目的で日本に来たわけではありませんし、選手の目標はチームがチャンピオンになることだと思いますので、数字にこだわるのではなくチームの勝利に1試合1試合貢献できるように頑張っていきたいと思います。
記者:
優勝に向けて、アマダー選手はどのような形でチームに貢献したいですか。
アマダー:
外国人選手は自分だけではなく、毎日一生懸命プレーするというのは当然ですが、ホームランを求められているというのはチームの雰囲気からも感じますので、ホームランばかりを狙うというわけではないですが、なるべく多くホームランを打ってチームに貢献できればと思います。
最終的にチャンピオン、最低でもクライマックスシリーズ進出を目指し、チームもいい位置にいますので、毎日集中して優勝を目指していきたいと思います。

スカパー!サヨナラ賞・スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞とは

月間「スカパー!サヨナラ賞」は、月間を通じて最もインパクトのあるサヨナラ打を放った選手に贈られる賞として2012年シーズンから制定されました。
スカパー!は、2006年シーズンから「プロ野球セ・パ両リーグ公式戦全試合、プレイボールからゲームセットまで放送」(※トップ&リレー、録画放送を含む)を掲げており、「試合終了最後の1球まで真剣勝負をお届けするスカパー!」から多くのファンに、プロ野球中継最大の魅力を伝えることができ、それがプロ野球界発展の一助となると考え、本賞へ協賛しています。また、同様の趣旨のもと2009年シーズンから、レギュラーシーズンを通じて最も劇的なサヨナラホームラン、またはサヨナラ安打を放った選手に贈られる賞として「スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞 年間大賞」を制定しています。

スカパー!サヨナラ賞・スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞