• viber
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2017/02/12(日)

チーム

【マジェスティック スプリングキャンプ 2017】キャンプレポート

2月11日(土)

  • 天気:曇り
  • 気温:12度
  • 観客数:900名

久米島キャンプ最終日、雨こそ降らずも、風が強く肌寒い一日となりました。予定通り紅白戦を行い、侍ジャパンに選出の則本選手、松井裕樹選手もそれぞれ1イニングずつの登板。お互いにランナーこそ許すも要所を締めるピッチングで、WBCに向けて調整は順調なようです。
紅白戦では茂木選手が、初球から積極的なバッティングで2本の長打。走塁では中継プレーの隙をついての好走と活躍しました。また村林選手は、課題とされていた打撃で2点タイムリーとなるレフトオーバーの長打を放ち、打撃面でも成長を見せてくれました。
紅白戦後、梨田監督は、岸選手そして新人投手の加入で厚みが増したブルペンの充実を、今キャンプの収穫として挙げました。明日から一軍は金武町に移動し対外試合を戦っていきますが、まずは開幕一軍に向けて、選手各々が更に長所をアピールしていくことになります。
銀次選手は手締めの挨拶で「梨田監督を仙台で胴上げしたい!」。それを受けて梨田監督は「非常に嬉しい。今から体重を減らしておきます(笑)」とコメント。今シーズンは、梨田監督の胴上げを共に見届けましょう!

マジェスティック スプリングキャンプ 2017

2月10日(金)

  • 天気:曇り
  • 気温:11度
  • 観客数:300名

昨日に続き今日も肌寒い中での練習となりましたが、侍ジャパン小久保監督の視察来島もあり、久米島球場は多くのファン、メディアで賑わいました。
久米島キャンプも終盤に差し掛かり、実戦を想定した投手野手が連携した練習内容が増えていますが、全体練習後の個別練習は選手個々に非常に充実したものになっています。
松井稼頭央選手は、このキャンプの個別練習で毎日1時間以上、黙々とロングティーに取り組んでいます。チーム最年長とは感じさせないその力強いスイングと打球に、他の選手達も刺激を受けているようです。
明日は久米島キャンプ最終日。6イニング制の紅白戦を行い、久米島キャンプを打ち上げます。

マジェスティック スプリングキャンプ 2017

2月9日(木)

  • 天気:曇り
  • 気温:14度
  • 観客数:300名

昨日の天候とはうって変わって、今日は非常に風が強く肌寒い一日。練習は室内練習場で行われました。
練習は選手のコンディションも考慮し、午前中のみの練習、いわゆる半ドンでしたが、練習内容は実戦さながらの作戦を絡めたシート打撃練習。真喜志コーチから出される攻撃サインを一発で成功させるべく、室内練習場は実戦同様の緊張感で包まれていました。
全体練習後は、選手各々がランニングやウエイトトレーニングで汗を流し、通常よりも早めの宿舎戻りで、ゆっくり身体を休めることができたようです。

練習とは別に、この久米島キャンプ期間中、選手達はシーズン中のビジョン映像などの撮影も、練習の合間をぬって行っています。
今回はこれまでになかった新しい撮影方法を取り入れ、皆さんがアッと驚くような映像、演出を予定しています。こちらも楽しみにお待ち下さい!

マジェスティック スプリングキャンプ 2017

2月8日(水)

  • 天気:曇り時々晴れ
  • 気温:21度
  • 観客数:500名

今キャンプで一番良い天候に恵まれた久米島キャンプ七日目。
実戦形式のシート打撃練習には、若手投手陣が登板しました。その中でも森投手は、打者6人に対してヒット性の当たりは1本のみと好投。昨年末に参加したウィンターリーグ(メキシコ)で得た経験と自信を活かしているように見えます。
また野手では、このシート打撃で西田選手が二打数二安打と好調をアピール。昨年、チームトップの打率を残した茂木選手も、フリーバッティングでは柵越えを連発し、今年は長打力にも益々期待ができそうです!
久米島キャンプも残り3日。明日はやや天気が心配ですが、更に実戦を想定した作戦(攻撃サイン)を含むシート打撃練習を予定しています。

マジェスティック スプリングキャンプ 2017

2月7日(火)

  • 天気:曇り時々晴れ
  • 気温:18度
  • 観客数:700名

今日から第二クールがスタートしました。
我らがエース則本選手は、ブルペンでキャンプ最多となる117球を投げました。投球時、打席には松井稼選手が立つなど実戦を想定してのピッチングで、各種変化球も試しながら仕上がりは順調な様子です。
野手では今江選手、枡田選手がお昼の時間を返上して特打を行うなど、こちらも良い雰囲気、競争感の中で練習が行えています。
明日は攻守両方を行うシート打撃練習を予定しています。野手陣の打撃と守備の仕上がりを確認できる一日となりそうです!

マジェスティック スプリングキャンプ 2017

2月5日(日)

  • 天気:曇りのち雨
  • 気温:24度
  • 観客数:750名

第一クール最終日となる久米島キャンプ五日目。
活気あるブルペンは相変わらず、日曜日ということもあって、久米島球場は多くのファンで賑わいました。
岸選手はブルペンで128球を投げ、そのバランス良い安定感ある投球は、まさに生きる教材。新人の投手陣が、キャッチャー後方から岸選手の投球を見学する場面も見られました。藤平選手が、ジッと熱視線を送っていたのが印象的です。
梨田監督は、第一クールの練習を90点と総評。数名の怪我人は出たものの、天候の大きな崩れもなく、充実した練習を行えたことを評価していました。
また練習後、選手たちは久米島町の皆さんとのふれあいイベント・久米島フェスティバルに参加。地元少年野球チームの子供たちと一緒にゲームを行い交流しました。
明日はオフ。選手たちはリフレッシュして、第二クールに臨みます。

マジェスティック スプリングキャンプ 2017

2月4日(土)

  • 天気:曇り時々晴れ
  • 気温:22度
  • 観客数:700名

久米島キャンプ四日目。今日も時おり日差しが覗く練習日和となりました。
毎日、活況なブルペンですが、今日、特に目立っていたのが塩見選手。ストレート中心にカーブも織り交ぜながら70球のピッチングで、伊志嶺選手のミットにコントロール良く投げ込みました。塩見選手自身も納得の投球だったようです。
新人では左のサイドスロー、高梨選手がフリーバッティングに登板。左打者は、その変則投球に打ち辛さを見せており、高梨選手も言っている「自分の仕事はまず左打者を完璧に抑えること。」、この自身の強みが発揮されていました。
今季新加入の細川選手は、ブルペンで投手陣に積極的に声がけし、時にはアドバイスするなど、ベテラン捕手らしい存在感を放っています。
明日は実戦を想定したバント練習も予定しており、更にゲームを意識した練習メニューが増えていきます!

マジェスティック スプリングキャンプ 2017

2月3日(金)

  • 天気:晴れ
  • 気温:18度
  • 観客数:510名

好天に恵まれた久米島キャンプ三日目。シートノック、投内連携、そしてフリーバッティングでは若手投手が登板するなど、練習も実戦に近い内容が増えてきました。
シートノックでは唯一、新人から一軍メンバーとしてキャンプ参加している田中選手が、自慢の強肩を披露。また両打ちのスイッチヒッターとして、バッティングでは左右共にしっかり振り抜ける力強さも首脳陣から評価されています。
投手では新外国人ハーマン選手が、初のブルペン入り。ストレート中心の投球となりましたが、制球の効いた力強いストレートを投げ込んでいました。ハーマン選手は「先発、中継ぎと投げる場面は問わない。」と言っていますが、今シーズン、どの場面で彼の投球を見ることができるか、今から楽しみです。

また練習外では、節分の日に鬼役で久米島町出身の小島よしおさんがサプライズ登場!則本選手から、大量の豆を投げつけられ、鬼退治されました!

マジェスティック スプリングキャンプ 2017

2月2日(木)

  • 天気:曇り
  • 気温:17度
  • 観客数:350名

久米島キャンプ二日目。今日はドラフト1位藤平選手が初のブルペン入り。変化球も交え、コースも投げ分けるなどして計27球を投げ、ルーキーとは思えない堂々としたピッチングを披露しました。
この藤平選手を含め、一軍メンバーとして参加の計6名の新人選手が、久米島キャンプを活気あるものにしています。
今年が三年目となるウィーラー選手は軽快な守備を見せ、コンディショニングの良さが伺えます。またアマダー選手はフリーバッティングで、彼らしい非常に打球角度ある場外弾を連発。今から今シーズンを待ち遠しくさせる打撃を披露しました。
明日は投手、野手で投内連携の練習を予定しており、ここからは実戦向けた練習が一層増えていきます!

マジェスティック スプリングキャンプ 2017

2月1日(水)

  • 天気:曇り時々雨
  • 気温:19度
  • 観客数:500名

球春到来のキャンプ初日、小雨が交じるあいにくの雨模様の中、久米島キャンプがスタートしましたが、この空模様とは正反対に、選手からは各所で笑顔も垣間見える1日となりました。
投手、野手共に、キャンプ初日とは思えない程、良い動きを見せる選手が多く、投手陣は新外国人ハーマン選手、新入団藤平選手を除く全員がブルペン入り。FAで今季から楽天イーグルスに加わった岸選手も、立ち投げながら初日からブルペン入りし、バランス良い安定感ある投球で、ファンの熱視線を浴びていました。
一方、野手では島内選手、茂木選手が、フリーバッティングで快音を響かせていたのが印象的です。
練習後、梨田監督の「活気ある競争の中で、各選手が長所を存分に伸ばして欲しい。」というコメント通り、明日以降も選手それぞれが各自の強みを出した、活気あるキャンプを期待したいと思います!

マジェスティック スプリングキャンプ 2017